ニュース

ホーム > ニュース > 「環境理工学部における学生参画によるカリキュラム改善について」を制定しました

「環境理工学部における学生参画によるカリキュラム改善について」を制定しました

環境理工学部における学生参画によるカリキュラム改善について

                                                平成29年2月22日 代議員会議承認

1.環境理工学部(以下「本学部」という。)は,アドミッションポリシー,ディプロマポリシー及びカリキュラムポリシー(3つのポリシー)に基づく体系的で組織的な教育を実施するとともに,常にカリキュラムの点検及び改善に取り組む。また,時間割の策定にあたっては,学生の履修登録及び翌年度以降の履修計画に支障を生じないよう十分考慮するものとする。

2.前号の取り組みを実施するにあたり,できるだけ多くの学生の意見を聴取するため,学生に対してアンケート調査を行い,必要に応じ次年度以降に向けたカリキュラム改善の参考とする。

3.アンケートの時期は,第2学期中の実施を基本とする。ただし,本学部において必要と認めた場合は,その他の時期にも実施することがある。