ニュース

ホーム > ニュース > 廣田彰久君が、平成28年度土木学会トンネル工学研究発表会優秀講演奨励賞を受賞しました

廣田彰久君が、平成28年度土木学会トンネル工学研究発表会優秀講演奨励賞を受賞しました

受賞学会・受賞名(論文賞等):平成28年度土木学会トンネル工学研究発表会優秀講演奨励賞
受賞論文:トンネル維持管理のためのひび割れ幅の画像計測手法の研究
受賞者名:廣田彰久(環境生命科学研究科)西山研究室
受賞年月日:平成29年1月12日
受賞理由:
 笹子トンネル事故以来、老朽化したトンネルの安全性を保障することが我が国の社会基盤インフラにおける重要なテーマになっている。
 受賞者は、デジタルカメラで撮影したトンネル壁面の画像を使って、当トンネルの安全性を判断するための計測システムの開発に取り組み、研究発表会において研究成果を紹介したところ、わかりやすく豊かな表現方法で講演したことによって、当開発技術の普及に努めることができ、学会より若手研究者に与えられる「優秀講演奨励賞」を受賞するに至った。