ニュース

ホーム > ニュース > 平成28年度第2回環境理工学部コンプライアンス研修会について

平成28年度第2回環境理工学部コンプライアンス研修会について

教職員各位
     
平成28年度第2回環境理工学部コンプライアンス研修会

                                     環境理工学部コンプライアンス推進責任者
                                             木 村 邦 生

 研究者にとって、研究内容を学術雑誌等で発表し、研究成果を社会に還元することは非常に重要な使命です。しかしながら、捏造や改ざん、盗用といった不正投稿等に関する記事が後を絶たない状況です。
 このような現状を鑑み、今年度の第2回コンプライアンス研修では、出版社から見た不正投稿に関する講演会を開催することに致しました。
 講師として、長年に亘り出版業務に携わってこられた株式会社ネイチャーリサーチの小林眞代氏をお招きし、ジャーナルにおける不正投稿とみなされる投稿例などをご紹介頂くとともに、執筆する場合に気をつけること、知っておくべき権利関係について話題提供を頂きます。
 更に、オープンアクセスやオープンサイエンスといった最近の学術誌出版の潮流・動向についてもご紹介頂く予定です。
 この機会を自己啓発に役立てて頂きたく、是非ご聴講ください。
 なお、学生の聴講も歓迎致しますので、研究室にてご案内ください。

           -記-

日時:平成28年11月30日(水)14:30-15:30
会場:環境理工学部棟1階104号教室
講師:小林 眞代 氏 (㈱ネイチャーリサーチ,シニアパブリッシングマネージャー)
演題:「学術出版のお約束-研究者として知っておくべきこと」