ニュース

ホーム > ニュース > 比江島慎二准教授の研究が文部科学省情報ひろばで特別展示を開催

比江島慎二准教授の研究が文部科学省情報ひろばで特別展示を開催

エントランス
【企画展示:岡山大学】
開催期間 平成27年9月1日(火曜日)~平成27年12月末(予定)
実施機関 岡山大学
テーマ 「次世代太陽電池技術及び瀬戸内を利用した洋上・潮力発電技術」展示背景・概要
 岡山大学は、日本のエネルギー自給率向上と持続可能な社会の実現のため、「次世代太陽電池技術」や「瀬戸内を利用した潮流発電技術」などの研究に取り組んでいます。本企画展示では、パネルやポスター、映像で本学が誇る同研究の概要を紹介します。
(1)次世代太陽電池技術
 地球に降り注ぐ太陽エネルギー全体は、原子力発電所約6,000万基相当であるといわれています。人類が地球と共存し持続的に発展するためには、この太陽エネルギーを上手に使わなければなりません。本学は酸化鉄太陽電池技術研究組合を発足し、鉄という安価で普遍的に存在する元素を用いて、安くて高性能な次世代技術太陽電池の実現に取り組んでいます。
(2)瀬戸内を利用した潮流発電技術
 瀬戸内海などの「里海」の潮流は激しく、瀬戸内海だけで原発約20基に相当する膨大なエネルギーが眠っています。また、潮流は気象の影響を受けないため極めて安定したエネルギーです。通常は風力発電と同じプロペラを潮流の流れで回転させて発電しますが、より効率的かつ低コストでエネルギーを取り出すため、本学では振り子を振動させて発電する世界初の潮流発電方式Hydro-VENUS(ハイドロヴィーナス;Hydrokinetic Vortex Energy Utilization System)を開発しました。身近な海に眠る「里海エネルギー」を取り出すための研究に日々取り組んでいます。
【主な展示物】
○パネル
•1世帯4万円の太陽電池の開発
•電荷秩序系鉄酸化物RFe2O4の研究
•里海エネルギーの活用 ~振り子式潮流発電Hydro-VENUS~
○映像
•次世代太陽電池技術の紹介
•瀬戸内を利用した潮流発電技術の紹介

文部科学省情報ひろばはこちら