ニュース

ホーム > ニュース > 西山哲教授がドローン(無人ヘリ)使用についてコメント

西山哲教授がドローン(無人ヘリ)使用についてコメント

掲載誌/日本経済新聞、日刊大阪版、2015.5.29
大阪ドローン協会
 墜落事故などが相次ぐドローン(無人ヘリ)の自主規制を目的に、メーカーや学識経験者らが28日、大阪市で会合を開いた。
 出席した岡山大学大学院環境生命科学研究科西山哲教授は、「ドローンを使えば低コストで危険地帯での測量ができる。墜落事故などを受けて発注者が慎重になっている」と報告。「土木や測量に限った自主規制にすべき」とした。