ニュース

ホーム > ニュース > 阪田名誉教授が平成24年度土木学会功績賞を受賞しました

阪田名誉教授が平成24年度土木学会功績賞を受賞しました

公益社団法人 土木学会 平成24年度土木学会賞:功績賞
受賞者:阪田憲次名誉教授
表彰理由:
 阪田憲次氏は、コンクリートの力学的性質、とくにクリープ、収縮、疲労および耐久性に関する研究を行い、膨大な実験結果を基にして、独自のクリープおよび乾燥収縮予測式を提案し、土木学会コンクリート標準示方書にも採用されるとともに、内外において、コンクリート構造物の設計に広く用いられ、コンクリート工学の発展に貢献した。
 土木学会においては、第98代会長として、公益法人改革および財政再建という難問に、強いリーダーシップを発揮するとともに、東日本大震災においては、発災後直ちに、東日本大震災特別委員会を組織し、委員長として、緊急声明の発表、第1次総合調査団の派遣、調査速報会および各種提言等において、自ら先頭に立って、初期対応を指揮し、官民学からなる、土木学会の総合力を世に示した。
 以上の理由により、功績賞の受賞者にふさわしいと認められた。