ニュース

ホーム > ニュース > 学都基金理事会・感謝の集いを開催

学都基金理事会・感謝の集いを開催

 6月24日、学都基金の運営全般について討議する「学都基金理事会」、学都基金の高額寄付者を招待する「感謝の集い」を開催しました。新型コロナウイルス感染症の影響により中止が続いていましたが、3年ぶりの開催となりました。
 学都基金理事会は、槇野博史学長を会長として、学都振興会会長の小長啓一氏、県内企業、本学同窓生、理事らで構成され、令和2年度と令和3年度の学都基金活動報告および令和4年度学都基金支出計画などを報告。引き続き討議が行われました。
 感謝の集いでは、槇野学長が高額寄付者へ感謝の楯を贈呈し、学内関係者が高額寄付者へ感謝の気持ちを述べるなど、意見交換が行われました。


◯学都基金について
 学都基金は、本学における学生支援、教育・研究活動、国際交流及び社会貢献活動の一層の充実を図ることを目的として設置し、ご支援のお願いをさせていただいております。
 詳細はこちらをご覧ください。


【本件お問い合わせ先】
総務・企画部総務課学都基金室
TEL:086-251-7009
E-mail:kikin◎adm.okayama-u.ac.jp
※@を◎に置き換えています。


理事会の様子


感謝の楯を贈呈