学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 教育の特色

教育の特色

 環境理工学部では、教養教育、外国語教育、基礎科学系および環境科学系専門基礎教育、専門教育を有機的に結び付けた4年一貫教育を行っています。

tokusyoku_img)=

カリキュラムの特徴

    ・本学部は、人類がその文明を育ててきた過程で科学技術が果たしてきた役割とその功罪を認識するところから出発し、さらに社会科学をも含めた広い分野の科目を学習させ、それらを人類、社会、自然へと応用する能力を育成する教育を行っています。

    ・自然科学の基礎知識の習得は、技術者、科学者として必須の条件であり、今後の学習の基盤となります。このため、1、2学年で、数学系、物理系、化学系、生物系などの基礎科学系専門基礎教育を行います。環境問題理解のための学部共通教育として、環境学の基礎を学ぶ環境科学系専門基礎科目が1、2学年に設けられています。ここでは、環境影響評価、地球環境問題などの基礎を学習します。専門科目は1学年から導入し、学年が進むにしたがい専門性を高め量と幅を広げていきます。

 これら4年一貫教育によって、広い視野に立ち、多様な価値観に対応でき、さらに国際化にも適応できる人材を育成します。

環境理工学部における学生参画によるカリキュラム改善について