受験生の方

ホーム > 受験生の方 > 在学生からのメッセージ

環境数理学科

環境数理学科 2年次生【岡山県立倉敷天城高等学校卒業】
Q.環境数理学科を選んだきっかけはなんですか?
A.私がこの学科を選んだ理由は、パソコンについて詳しく学ぶことができるからです。これからの時代コンピューターを使いこなせるようになることは、確実に自分の力になると思います。また、私は入学以前から環境問題に興味を持っていて、環境数理学科では特に数学を用いて様々な事象に取り組んでいることを知りこの学科を選びました。
Q.実際に入学してどうですか?
A.入学時に期待していたよりも様々なことを学ぶことができています。環境問題については自分の考えていなかったような視点から見れるようになりました。コンピューターを用いる授業では設備も充実していて、わからないことがあっても一人一人丁寧に教えてくださいます。2年次の授業も頑張っていきたいと思います。

環境数理学科 4年次生【近畿大学付属広島高等学校福山校卒業】
Q.これからどのような研究をしますか?
A.私は統計学の研究室に所属しており、特に場所に関する情報を含むデータ(地理空間データ)を対象にした研究を行っています。なかでも、データの特徴を「地域差の視覚化」によって表現し解析するための様々な手法を学んでいます。将来的には、これら手法を環境・医療・経済などの分野に応用できるようになりたいです。
Q.卒業後はどのような仕事がしたいですか?
A.近年の「データサイエンス」への注目とその重要性の認識の高まりに伴い、様々な業種で統計学が必要とされています。卒業後は、いま研究室で学んでいる統計学を活かした仕事をしたいと思っています。地理的な情報を統計的に解析し、各種の環境データに応用することで、環境問題の解決に役立てていきたいです。

ems5)=


環境デザイン工学科

環境デザイン工学科 2年次生【鳥取県立倉吉東高等学校卒業】
Q.環境デザイン工学科を選んだきっかけはなんですか?
A.私が環境デザイン工学科を選んだ理由は幅広い町づくりを学ぶことができるからです! 私の地元は少子高齢化、空き家問題、二年前の鳥取県中部地震などの災害といった様々な問題を抱えています。それをきっかけに環境デザイン工学科を選び、安全で魅力的な町づくりを学びたいと考えています!!
Q.実際に入学してどうですか?
A.本当に充実していて楽しい学生生活を送っています!特に環境デザイン工学科は1学年約50人なので高校までのクラスのような雰囲気で色々な人と仲良くなれます。環境デザインの授業は決して簡単なものばかりではありませんが、友達と一緒に自分のやりたい分野の勉強を協力しながら取り組める環境はすごくいいものだと感じています!

環境デザイン工学科 4年次生【岡山県立岡山操山高等学校卒業】
Q.これからどのような研究をしますか?
A.私は地盤研究室に所属しています。主な研究テーマは、土砂災害の低減や安全な地盤環境を形成することです。そこで、不飽和土構造物のせん断強度・変形特性を評価するための強度試験や地盤内の土中水の移動を把握するための保水性試験、そして不飽和土構造物の斜面部の安定化工法の開発のために室内模型実験を行うつもりです。
Q.卒業後はどのような仕事がしたいですか?
A.土木技術者として、地域と密接に関わり合いながら、社会に貢献していきたいと考えています。大学での講義や実験から得た専門的な知識と経験を十分に生かすことのできる仕事、そして、地域住民にとって安心・安全で住みやすいまちづくりのための仕事に携わりたいと思っています。

ece5)=


環境管理工学科

環境管理工学科 2年次生【香川県立観音寺第一高等学校卒業】
Q.環境管理工学科を選んだきっかけはなんですか?
A.私は故郷のような地方が持つ穏やかで明るい雰囲気が好きでした。将来は地方の課題を解決し、地方をより活気づけていきたいと考えていたときに環境理工学部のことを知りました。この学科を選んだ理由は地域空間の創出のために公共政策や土地利用計画といった社会科学も自然科学と同時に学ぶことができる、学科特有のカリキュラムに魅力を感じたからです。
Q.実際に入学してどうですか?
A.今日の地方が抱える課題には様々な要因が関わりあっていて、その解決には多角的な視点と柔軟な発想を持つことが必要となります。この学科では、人文社会科学と自然科学の2つの視点を通じて幅広い分野の知識や技術を身に着けることができています。夢の実現の為に多くの知識を学ぶことができ、充実した大学生活を過ごすことができています。

環境管理工学科 4年次生【岡山県立岡山城東高等学校卒業】
Q.これからどのような研究をしますか?
A.雨量の予報システムを用いて、ダムにどれだけの水が流れてくるのかを予測する研究をします。雨は人が生きていく上で必要不可欠である一方で、洪水などの災害を引き起こし、私たちを苦しめることもあります。ダムの決壊などの二次災害を生み出さないために、どれだけの雨が降るのか予想し備える必要があると考えています。 Q.卒業後はどのような仕事がしたいですか?
A.私は、大学で学んだ学問を直接活かし、食の基盤を支える仕事をしたいと考えています。生態的な視点、工学的な視点、社会的な視点と多角的に学べることが本学科の魅力だと思っています。大学に入り、様々な視点で物事を学ぶことで見えてきた進路に進むことができるため、選択肢が多くあることも本学科の強みだと考えています。

eme5)=


環境物質工学科

環境物質工学科 2年次生【愛媛県立松山南高等学校卒業】
Q.環境物質工学科を選んだきっかけはなんですか?
A.化学が元々好きで、中学生の頃に地域の産業に関するイベントに参加したことから、将来、商品の開発・改良に携わりたいと思うようになりました。また、環境問題についても興味があり、大学では両方の分野について学びたいと思いました。就職率も非常に高く、希望した職を目指すのに有利だという点もあり、この学科を選びました。
Q.実際に入学してどうですか?
A.専門科目は高校の内容に比べると難しく大変ですが、化学だけでなく、生物・地理などの視点からも環境について考えることが出来るため、毎日が充実しています。入学してから様々な環境問題やそれらに対する取り組みを知りました。講義やグループワークを通した学習機会が増え、とても有意義な時間を過ごしています。

環境物質工学科 4年次生【私立須磨学園高等学校卒業】
Q.これからどのような研究をしますか?
A.まず、洗剤に似た界面活性剤を使って、千分の1mmの様な非常に小さいチューブ状の封入体(ベシクル)を創る方法を探ります。次に、この小さなベシクルが生みだすミクロな物質の流れを見えるようにし、病気の治療やナノ輸送に役立てます。
Q.卒業後はどのような仕事がしたいですか?
A.環境問題に関連する材料やプロセスの開発に関わる仕事がしたいです。そのために、これまでの環境問題を軸として、ものづくりや開発の方法を修得しています。そして今後は、それらの知識をもとにして自らの力で研究できるように努力し、大学で学んだことを活かした仕事をしたいと考えています。

ecm5)=