受験生の方

ホーム > 受験生の方 > 私の時間割(2年次生)

環境数理学科

岡山県立岡山芳泉高等学校卒業
 環境数理学科では、数学とコンピュータを使い環境問題について学んでいきます。1年次生の間に数学とコンピュータの基本操作を学びます。また、2、3年次生ではそれを土台にしてさらに専門的な学びを深めていきます。さらに、数理学科は少人数なので学生一人一人に対して、とても手厚い指導がなされます。数学に対する深い理解が必要な学科なので、高校生のうちからの積み重ねがとても重要だと思います。

ems-s21)= ems-s2)=


環境デザイン工学科

山口県立徳山高等学校卒業
 私たちの入学年度から60分4学期制が導入され、質の高い授業を効率的に履修できています。教養科目では、副専攻を履修しているため、主に英語を勉強し、留学も経験しています。専門科目では、1~2年次で各分野の基礎を勉強するカリキュラムになっており。特に2年次からは専門科目が増え、難易度が上がりましたが、学科の友達と一緒に予習・復習をしっかり取り組んでいるため、日々充実したキャンパスライフを過ごしています。

ece-s21)= ece-s2)=


環境管理工学科

京都府・東山高等学校卒業
 環境管理工学科は、専門科目や専門基礎科目で幅広く様々な分野の勉強ができ、自分の視野を広げることができる学科です。4学期制60分授業が導入されたことによって授業がどんどん進んでいくので日々の予習や復習がとても大切になってきます。また、岡山大学は制度が変わりさらに留学しやすくなったり、授業の一環として留学できたりと、海外で勉強できる機会が多い大学です。こういう機会を利用して、海外へ行くと色々な刺激を受け、よりよい大学生活になると思います。

eme-s21)= eme-s2)=


環境物質工学科

鳥取県立鳥取西高等学校卒業
 自分で講義を選んで学ぶ
 環境物質工学科では化学から環境問題について学びます。また岡山大学は、60 分授業4学期制なので、教養科目も自分が好きな分野の講義をより自由に履修することができます。1コマが60 分で終わるので集中して授業に取り組むことができ、集中力も持続させることができます。2年次生になり実験も始まり専門科目の内容も難しくなってきましたが、友人たちと互いに教えあいながら頑張っています。水曜日は午前中で授業が終わるので、課題レポートをする時間を作ったり、アルバイトをする時間を作ることもできます。

ecm-s21)= ecm-s2)=