社会人・地域の方

ホーム > 社会人・地域の方 > 教育研究理念

教育研究理念

環境理工学部のねらい

 人間活動が自然の許容限界に近づく規模にまで拡大した今日、例えば酸性雨や砂漠化のように地球規模の環境汚染や生態系破壊が進み、環境問題は一国だけで解決可能な範囲を越え、全人類の生存を脅かすまでに深刻化しています。
 このように地球規模で拡大する環境問題に対処し、人類の持続可能な発展を可能にするため、自然科学と社会科学の分野で行われてきた自然環境、人間環境および社会環境に関する研究を学際的な立場から集大成することが重要になってきています。まさにこの時にあたって、自然と人間が調和した豊かで快適な環境を創造する能力をもつ人材を育成することを目的とした学部が岡山大学環境理工学部です。環境理工学部においては、

 環境問題の定量的分析と数理モデル化
 豊かで快適な生活空間および産業空間のデザイン
 調和の図られた土地や水資源の利用と維持・管理
 環境にやさしい材料や新エネルギーの開発

などを教育研究の目標に掲げています。

環境理工学部では このような人材を育てようとしています

それは
 自然界と人間社会が調和した豊かな環境を創造できる人
 文明の発展と地球環境との調和について考える人
 いままでの環境保護・保全の考え方を越える新しい理念を提案できる人
 生態系や景観への影響に配慮した豊かな環境を創造できる人
そして
 自然科学と社会科学の両面から環境問題に取り組める人
 4年間の一貫した教育で基礎から応用までの幅広い知識をもった人
 自然科学だけでなく、社会科学も取り入れた学際的な素養をもった人
さらに
 環境問題を広く、そして深く理解できる人
 学科の枠を越えて自由に広範な科目を学び環境理工学に関する幅広い知識を身につけたゼネラリスト
 理学、工学、農学等との学際的協力によって環境問題の解決に取り組む専門家

環境理工学部の沿革

 岡山大学環境理工学部は、平成7年4月に第一期生を迎えて教育と研究をスタートさせました。当時は「環境」を教育研究理念の中心に置いた国立大学で初めての理工系学部として、内外から大きな期待と強い関心が寄せられました。平成11年3月に初めての卒業生を送り出し、今では卒業生総数は1,250名に達します。
 他方、大学院修士課程は平成11年4月からスタートし、平成24年4月からは大学院環境生命科学研究科に改組拡充されました。学部卒業生のおよそ50%が大学院へ進学し、学部と大学院で一貫した高度な専門教育と研究が行われています。