学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 環境物質工学科

環境物質工学科

化学の力で住みよい地球環境作りに取り組もう

学科の特徴

 資源の大量消費に支えられて発展してきた近代工業社会は、人類に豊かな生活を提供する一方で、炭酸ガスやフロンによる地球温暖化・オゾン層破壊、大量の廃棄物、酸性雨、化学エネルギー、有用資源の枯渇などの地球規模の環境破壊を引き起こしてきました。これらの環境問題のほとんどは物質そのものやその化学変化が関与して引き起こされたものです。
 環境物質工学科では、物質およびエネルギーの変化のありさまを深く理解し、環境問題を化学的にとらえる能力を培い、住みよい環境作りに貢献できる人材の育成を目指しています。たとえば、太陽、水素などクリーンエネルギーに関する教育研究、環境負荷の小さいセラミック材料や高分子材料に関する教育研究、医農薬品の開発に関する教育研究、有害物質の回収固定化および廃棄物の有効利用・再資源化に関する教育研究などを通して行います。

アドミッションポリシー

求める人材
 環境物質工学科では、化学と化学技術をベースに新たな環境調和型技術を創造するために必要な基礎知識、問題解決のための技術的手法並びに柔軟な思考能力をもった人材を育成します。意欲的に取り組むことのできる次のような人を期待します。
1. 環境・エネルギー問題を化学的にとらえ、問題解決を図りたい人
2. 環境保全に役立つ材料や環境負荷の低い化学プロセスの開発に携わりたい人
3. 物質循環社会づくりに貢献したい人
4. 高等学校卒業レベルの基礎学力を有し、化学が関与する諸現象に対する理解力と論理的思考力を備えている人
入学後の学修のために、以下の科目の内容を修得していることが望まれます。
【数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B、理科:物理、化学】

学科のセールスポイント

①化学をベースにして、住みよい地球環境を
 環境物質工学科は、有機化学、無機化学、物理化学の教育をきめ細かに行っている点で、理学部や工学部と同じですが、これらを土台に、環境材料に関する概念や基礎を学ぶことができます。
 開発された技術を実社会に効率よく届けるための化学プロセスや反応工学など、環境問題を解決するための物質工学を広く学ぶことができます。

ecm42)=


②世界レベルの研究成果
 卒業研究では、有用・稀少資源の回収・高度利用、太陽電池材料、光触媒、燃料電池関連材料、環境低負荷高分子材料、バイオマス利用など、環境に関する研究課題に取り組んでいます。
 その成果は日本国内だけでなく、世界からも高く評価されています。

ecm43)=